読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然畑

徒然なるままに。

【No20】Lifebear

https://lifebear.com/welcome/sp

いつもお世話になっているアプリの一つ。Lifebear。
何かと言うと、スケジュール帳アプリです。
これを見つける前までは、私はもっぱら紙の手帳主義だったのですが、
このアプリに出会ってからは、逆に全く手帳を使わなくなりました。。。w
それだけ便利、というのもありますが、
便利だけにとどまらない素敵なアプリだと感じているので 
その根源を分析してみました。
 
選択と集中:手帳に欲しい・必要な機能だけを絞って特化。
ところで手帳って何を書き込みますかね。
予定はもちろん。その日のToDoタスク、その場で思いついたことのメモ。。。などなど、がだいたいじゃないでしょうか。
それに対して紙の手帳は適切な分量でしょうか?
たいていの場合、多すぎません?
 路線図、アドレス帳、切り取れるタイプのメモ。。。いやたしかにあったら便利だけど、別になくてもいいよね、というものがくっついてると思います。
かといって、あまり何も付いてないものにしよう!とすると、今度は少なすぎる。。。
そんな風に世の中に流通する手帳に不満を持っているひとにオススメするのは二つ。
バインダー式の手帳。あるいは、このLifebearです。
もしiPadは常に持ち歩くぜという人には特にオススメなこのLifebear。
f:id:mio_U_M:20150908194013p:image

f:id:mio_U_M:20150908193454p:image 

Lifebearは、予定、ToDoリスト、メモのメイン機能3つだけ。
ですがそれぞれのメイン機能の利便性を追求した手帳アプリなのです。
予定を書き込むカレンダーは、月、週、日の3種類搭載。
ToDoリストは締め切りの設定や繰り返し、またどの日のタスクにするかの設定も簡単。
Todayのナビゲーションボタンをタップすれば、その日のタスクと未完了タスクが一目瞭然です。
そして、日にちごとにつけることができるメモ、Freeリストと、
月日に関係なく設定できるメモのNOTE。
機能を絞り、その機能が便利になるようにうまーく選択と集中で開発されたアプリなので
ビジネスマンに関係なく、時間管理や自己管理を手帳を通して行いたいという意識がある人には、一度使ってもらいたいアプリです。

⑵「選べる」ということの魅力
便利と素敵のコラボレーション。このアプリはそれが実現できてるなと感じてます。
ここでいう素敵とはどういうことか。
ずばり「選べる」ということです。
まず、アカウント登録制で動作するので
PC、タブレットスマホとどのデバイスを選んで使っても使える。
また、手帳のデザインが好みで選べる。
着せ替えで如何様にも手帳の雰囲気を変えることができる。
そして、予定作成時のカテゴリーの多さ。
予定のラベルカラー、予定の種類(単なる予定か、タスクか、繰り返しの予定またはタスクなのか)…
自分のルールで手帳書き込みが非常にしやすい、自分の好きなようにカスタマイズしやすい。そういった利点があります。
人はこういった「選べる」「自由度が高い」と感じるものほど「素敵!」と感じる特徴があります。
その人間の性にうまーく寄り添ってい設計されたアプリ、それがLifebearなのです。


なんかものすごくセールストーク的になってしまいましたが(笑)
でもほんとに便利なアプリの一つなので、いろんな人に使ってもらいたいなあという所存。
よく考えられて作られたものは、媒体関係なく人にオススメしたいものです。